SASUKE第16回 2005冬

SASUKE第16回 結果



基本データ


本戦収録日…2005年12月某日
放送日時…2005年12月30日(金) 18時30分〜20時54分
ナレーター:多比良 健


これぞ、肉体の総決算!年の瀬の忙しさも喧騒も、この百人には関係ない!
今年最後に課せられた、大仕事は唯一つ!
鋼鉄の魔城の頂点に立ち、2005年を締めくくれーーーーーー!

究極のサバイバルアタック、SASUKE!!


1st STAGE


1.六段跳び
2.三段ローリング丸太
3.クロスブリッジ
4.ジャンプハング
5.ロープリバース
6.リバースフライ
7.そり立つ壁
8.ターザンジャンプ
9.ロープクライム


制限時間:100秒(50台選手、女性、中学生以下の選手に限り105秒)
コース全長:101.2m

実況:初田啓介(1〜30、81〜100)、小笠原亘(31〜80)

リポーター:川田 亜子、高畑 百合子



ゼッケンプロフィール・選手名結果放送形式備考
1石垣島のアームレスラー
島仲 敬太(26)
167cm 65kg
4.ジャンプハング
網に届かず
2プロビーチバレー選手
畑 信也(26)
185cm 98kg(78kg)
5.ロープリバース
手が滑り落水
※テロップが「98kg」となっているが実際は78kgらしい。
10情熱的お笑い芸人
パッション屋良(29)
180cm 86kg
2.三段ローリング丸太
4週目
13'99アームレスリング世界大会110kg級王者
大森 友紀(34)
175cm 107kg
2.三段ローリング丸太
2週目、回転停止後落下
15TBSアナウンサー
安東 弘樹(38)
166cm 60kg
1.六段跳び
5→対岸で落下、1歩目が高くバランスを崩した
3回目の出場。ちなみに今回の実況・リポーターは全員後輩らしい
18
(32)
お笑い芸人
まちゃまちゃ(29)
158cm 52kg
1.六段跳び
5→対岸で落下
「18」と「32」となぜか2種類のテロップがある。
22元読売ジャイアンツ・投手
橋本 清(36)
188cm 95kg
2.三段ローリング丸太
1週目
23
(小笠原)
千葉ロッテマリーンズ・内野手
渡辺 正人(26)
183cm 78kg
4.ジャンプハング
掴んだが支えきれず
実際の番号は小笠原実況担当枠(31〜80)のどこか。
26魅惑の立体造形家
青木 保夫(48)
155cm 38kg
1.六段跳び
2段目から滑り落ちた
27
(17)
ペット界の重鎮
林田 昭(57)
163.5cm 60.5kg
1.六段跳び
4→5段目で踏み外した
犬のタマちゃんの玉乗りの方が挑戦時間より長かった
初田
20番台?
格闘家(元力士)
戦闘竜(36)
1.六段跳びダイジェスト15→対岸
初田グラビアアイドル
小島 祥子(21)
1.六段跳び2→3で落下
初田元プロボクサー
大塚 陽介(28)
1.六段跳び5→対岸で頭から落下
この時点で7人がハードルジャンプでリタイア
初田正道会館の昇り龍
安廣 一哉(29)
1.六段跳び対岸で着水
30人中12人が六段跳びでリタイア
31
(初田)
俳 優
野村 将希(53)
181cm 80kg
4.ジャンプハング
届いたが掴みきれず
33
(初田)
「3年B組金八先生」大森巡査
鈴木 正幸(59)
最年長
1.六段跳び
5→対岸
37
(初田)
居酒屋『江戸っ子』店長
倉持 稔(58)
163cm 52kg
2.三段ローリング丸太
3週目
六段跳びでは5段目にしがみ付いてのクリアを見せた
39ジャガー整備士
長澤 秀則(40)
172cm 64kg
クリア(残りタイム 5秒15)
7回目の出場
この日初めてのそり立つ壁突破者
40
(60番台?)
元中日ドラゴンズ・投手
今中 慎二(34)
'93 沢村賞
2.三段ローリング丸太
2週目(三段目)
42ハングライダー男
原島 雅美(42)
163cm 54kg
3.クロスブリッジ
中盤で転倒、右に落下
第1〜2エリア間で転倒した。
43
(60番台?)
ノーヒットノーラン投手
西崎 幸広(41)
日本ハム→西武
2.三段ローリング丸太
1段目落下時に回転停止、落下
挑戦タイミングは今中の直後
45俳優 兼 ナレーター
石丸 謙二郎(52)
172cm 67kg
9.ロープクライム
中腹でタイムアップ
46
(60番台?)
元プロ野球選手
松永 浩美(45)
阪急(オリックス)→阪神→ダイエー
2.三段ローリング丸太
1周家回転時に停止、一段目降下直後に落下
16?お笑い芸人
デッカチャン(29)
2.三段ローリング丸太ダイジェスト21週目
(小笠原)西口プロレス
アントニオ小猪木(34)
2.三段ローリング丸太対岸から転落
51モデル
知 幸(26)
181cm 64kg
クリア(残りタイム 10秒93)

66運送業
高橋 賢次(29)
178cm 72kg
クリア(残りタイム 8秒99)第1〜6,8エリア
カット

62元プロ野球選手
佐々木 誠(40)
181cm 88kg
2.三段ローリング丸太
2週目(1段目)
ここから数名は放送時既に番号と放送順が食い違っている。
高橋の挑戦時に「66人中3人クリア」と表示されており
62〜65の選手にクリアがいないことが放送前から分かる驚異のシステム。
63元プロ野球選手
高橋 智(38)
194cm 125kg
2.三段ローリング丸太
1週目で回転停止直後落下
64元中日ドラゴンズ・外野手
彦野 利勝(41)
172cm 85kg
1.六段跳び
5→対岸
挑戦前、22・40・43・46・62・63の選手がダイジェストで再放送。面倒なので記載はしない。
65プロトランポリンプレイヤー
中田 大輔(31)
165cm 61kg
9.ロープクライム
中腹でタイムアップ
ジャンプハングでロープを掴んだ後、握力消耗により網の移動に苦戦
(小笠原)元レスリング日本代表
丸山 祐司(37)
6.リバースフライダイジェスト3着地失敗
(小笠原)お笑いコンビ・水玉れっぷう隊
ケン(36)
4.ジャンプハング届いたが体を支えきれず
69?元Jリーガー
波立 紀夫(33)
9.ロープクライム中腹でタイムアップ
71逢和治療院 院長
秋山 和彦(32)
161cm 56kg
クリア(残りタイム 11秒00)

前回大会後「秋山治療院」の名前を「逢和治療院」に変更し再開業。
73配管工
亀山 昌志(24)
160cm 58kg
クリア(残りタイム 3秒4)第1〜7エリア
カット
3回目の出場
ロープクライムを6秒ほどで登り切った
76
(86)
法政大学スプリンター
泉山 雄太(22)
175.5cm 64kg
クリア(残りタイム 1秒1)第1〜6,8エリア
カット
初出場
間違いテロップの代表例。
81亀田三兄弟・三男
亀田 和毅(14)
---cm --kg
4.ジャンプハング
網に届かず
82アテネ五輪自転車チームスプリント 銀メダル
伏見 俊昭(29)
181cm 85kg
2.三段ローリング丸太第2エリア
途中カット
1週目で回転停止、2段目まで滑らせるもリタイア
85千葉ロッテマリーンズ・内野手
早坂 圭介(21)
176cm 63kg
5.ロープリバース
着水
89トランポリンプレイヤー
長崎 峻侑(18)
172cm 66kg
クリア(残りタイム 11秒16)第5〜7エリア
カット

90モンスターボックス世界記録保持者
池谷 直樹(32)
168cm 58kg
クリア(残りタイム 8秒5)第1〜5,7,8エリア
カット

91岐阜県郡上市消防士
山田 康司(32)
172cm 63kg
クリア(残りタイム 11秒06)第1〜4,6〜8エリア
カット

92産業廃棄物運搬業
小林 信治(34)
166cm 60kg
クリア(残りタイム 14秒77)第1〜7エリア
カット

93『体育塾』経営
小林 正明(30)
173cm 69kg
クリア(残りタイム 6秒8)第1〜8エリア
カット

94アテネ五輪・体操個人総合金メダリスト
ポール・ハム(23)
168cm 64kg
クリア(残りタイム 11秒52)第1〜6エリア
カット

95アテネ五輪・体操 銀メダリスト
ヨルダン・ヨブチェフ(32)
クリア(残りタイム 4秒5)第1〜7エリア
カット
テロップ表示なし。
96千葉県印旛村役場勤務
白鳥 文平(38)
176cm 66kg
クリア(残りタイム 10秒9)

97ガソリンスタンドエリアマネージャー
山本 進悟(31)
唯一の皆勤賞
4.ジャンプハング
掴んだが着水
98岐阜県揖斐郡消防士
竹田 敏浩(30)
171cm 61kg
クリア(残りタイム 19秒82)
リバースフライでは背中から着地転倒するシーンも見られた
99鉄工所アルバイト
山田 勝己(39)
175cm 75kg
9.ロープクライム
頂上手前でタイムアップ
100漁師「第28金比羅丸」船長
長野 誠(33)
162cm 61kg
クリア(残りタイム 8秒99)
そり立つ壁に一回失敗(意外にもオンエア選手の中で唯一の失敗である。)

全カット・本放送以外での放送選手へ


2nd STAGE



1.チェーンリアクション
2.ブリッククライム
3.スパイダーウォーク(改)
4.デルタブリッジ
5.メタルスピン
6.ウォールリフティング
制限時間:66秒
実況:小笠原亘
レポーター:高畑 百合子


ゼッケンプロフィール・選手名結果放送形式その他備考
39ジャガー整備士
長澤 秀則(40)
172cm 64kg
5.メタルスピン
掴みきれず
スパイダーウォークでは手袋を外さずにトライしかけ、一度戻るという一面もあった
51モデル
知 幸(26)
181cm 64kg
5.メタルスピン
掴みきれず
リタイア時点で10秒を切っていた
66運送業
高橋 賢次(29)
178cm 72kg
クリア(残りタイム 11秒4)

71逢和治療院 院長
秋山 和彦(32)
161cm 56kg
5.メタルスピン
掴みきれず
73配管工
亀山 昌志(24)
160cm 58kg
5.メタルスピン第1〜3エリア
カット
掴みきれず
76
(86)
法政大学スプリンター
泉山 雄太(22)
175.5cm 64kg
4.デルタブリッジ第1〜2エリア
カット
対岸から落下
スパイダーウォーク終盤で10秒を切っていた
89トランポリンプレイヤー
長崎 峻侑(18)
172cm 66kg
クリア(残りタイム 8秒1)

90モンスターボックス世界記録保持者
池谷 直樹(32)
168cm 58kg
クリア(残りタイム 4秒7)第1中盤〜3エリア
カット

91岐阜県郡上市消防士
山田 康司(32)
172cm 63kg
クリア(残りタイム 11秒08)第1中盤〜4エリア
カット

92産業廃棄物運搬業
小林 信治(34)
166cm 60kg
5.メタルスピン第1中盤〜2エリア
カット
掴みきれず
93『体育塾』経営
小林 正明(30)
173cm 69kg
5.メタルスピン第1中盤〜4エリア
カット
掴みきれず
94アテネ五輪・体操個人総合金メダリスト
ポール・ハム(23)
168cm 64kg
5.メタルスピン
掴んだが左手が外れ、程なく落下
95アテネ五輪・吊り輪 銀 床・銅メダリスト
ヨルダン・ヨブチェフ(32)
162cm 62kg
クリア(残りタイム 2秒24)

96千葉県印旛村役場勤務
白鳥 文平(38)
176cm 66kg
クリア(残りタイム 8秒50)

98岐阜県揖斐郡消防士
竹田 敏浩(30)
171cm 61kg
クリア(残りタイム 4秒34)第1中盤〜4エリア
カット

100漁師「第28金比羅丸」船長
長野 誠(33)
162cm 61kg
クリア(残りタイム 6秒9)



3rd STAGE


1.アームリング
2.ボディプロップ
3.カーテンクリング
4.クリフハンガー(改)
5.ジャンピングバー
6.クライミングバー
7.デビルブランコ
8.パイプスライダー


実況:初田 啓介
レポーター:川田 亜子


ゼッケンプロフィール・選手名結果放送形式その他備考
66運送業
高橋 賢次(29)
178cm 72kg
4.クリフハンガー
2本目序盤で落下
89トランポリンプレイヤー
長崎 峻侑(18)
172cm 66kg
4.クリフハンガー
2本目終盤で落下
右手で右端を掴み損ねた?
90モンスターボックス世界記録保持者
池谷 直樹(32)
168cm 58kg
2.ボディプロップ第1エリア
ダイジェスト
第一空白手前で落下
91岐阜県郡上市消防士
山田 康司(32)
172cm 63kg
8.パイプスライダー
デビルブランコからの移行に成功したが、
開始地点からスライドさせることが出来ず、落下
95アテネ五輪・吊り輪 銀 床・銅メダリスト
ヨルダン・ヨブチェフ(32)
162cm 62kg
4.クリフハンガー第1エリアダイジェスト
第2-3エリアカット
2本目→3本目、左手を掛けたが落下
96千葉県印旛村役場勤務
白鳥 文平(38)
176cm 66kg
8.パイプスライダー
着地失敗
マットの端に両足は触れていた
98岐阜県揖斐郡消防士
竹田 敏浩(30)
171cm 61kg
4.クリフハンガー第1,2エリア
カット
2本目→3本目、左手を掛けたが落下
100漁師「第28金比羅丸」船長
長野 誠(33)
162cm 61kg
7.デビルブランコ
ブランコの左側のチェーンが休憩バーに絡み、数回分体を触れなかった
パイプを一度掴んだが手を放してしまい、その際にパイプがレールの奥へ転がってしまった。
跳ぼうとして勢いを付けたが、跳べず、落下


FINAL STAGE


1.スパイダークライム
12.綱登り

地上高…22.5m

挑戦者なし


本放送以外での放送・全カット選手一覧


1st STAGE


-準備中-

ゼッケンプロフィール・選手名結果放送形式備考



戻る

スポンサーサイト
inserted by FC2 system