KUNOICHI第6回
KUNOICHI第6回(2006秋) 結果


1stステージ

@浮遊走(新設。3-2-1-1個に並べられた四角い浮島を渡る。)
A三角橋(新設。三角形のシーソー上の橋を渡る。SASUKEのプリズムシーソーと概要は同じ)
B飛翔柱(新設。赤いボタンを押し、滑ってきた柱にロイター版から飛びついて、対岸に渡る。)
C不安道
D円柱乗
E斜面走
F落下棒(新設。斜めに立てかけられた棒を滑り降りる。)
G脱出縄

制限時間:95秒 

実況:初田啓介(1〜20?、?〜100)、小笠原亘(21〜?)


備考…
この大会のKUNOICHIでは、挑戦中にゼッケンを付けている選手が1人もいません。
51〜71番の選手に限っては、出場選手がアップしたと思われる挑戦者リストの画像をもとに作成していますが、
そのリストの中に放送時のゼッケン番号と正しくマッチしている選手は一人もいませんでした。
また、2ndステージでは挑戦順とゼッケン番号が大幅にずれていることも確認しています。
このことから考えると、情報が本放送しか存在しない1〜50、72〜100番の選手のゼッケン番号のほとんどが間違っているという可能性も十分にあります。
そのため必ずしも正確な情報を届けることは出来ないだろうということをご理解ください。


ゼッケン番号/実況
プロフィール・選手名国名結果放送形式その他備考
'06 ポールダンス世界大会優勝
末宗 麗子(29)
日本円柱乗(序盤)
元テコンドーチャンピオン
アブ―ス・ナディア(27)
チュニジア浮遊走(5つ目)
元自衛官
宮野 よう子(22)
日本浮遊走(対岸)
10ウェイトレス
バーバラ・ステルニューク(25)
ポーランド三角橋ダイジェスト1−1
11サンバダンサー
アリネ・ユゲ(27)
ブラジル不安道(終盤)
テロップは「3」だが、オープニングで11を付けているように見える。
余談だが、KUNOICHI皆勤賞だったサンバダンサーの川本は今回から欠場。
12ダンス講師
マリーナ・ポターポヴァ(31)
ロシア浮遊走(7つ目)ダイジェスト1−2
小笠原
14?
ウェイトレス
アデペンジョ・ビクトリア(30)
ナイジェリア不安道(対岸付近)ダイジェスト1−3
初田大学生
チャムグエ・ヴェクエ・マヌエラコイーン(22)
セネガル?浮遊走(6つ目)ダイジェスト1−4手持ちの映像の画質がひどく、名前に誤記があるかもしれません。
18中国雑技団
シュウ ティエン
周 甜(16)
中国三角橋ダイジェスト1−6
初田深夜番組「アイチテル!」レギュラー
フィフィ(30)
エジプト三角橋ダイジェスト1−7
初田'91東京国際女子マラソン 優勝
谷川 真理(43)
日本飛翔柱(飛び移り失敗)
テロップは「21」だが、21は佐竹が該当する可能性が高い。
21?'03全日本新相撲重量級 優勝
佐竹 ひろみ(32)
日本浮遊走(6つ目)
テロップは「34」だが、シモネより手前の挑戦のようだ。
実況は小笠原なので、21番だった可能性がかなり高い。
2295kgのサンバダンサー
シモネ・フランコ(27)
ブラジル浮遊走(5つ目)
テロップは「35」だが、オープニングで「22」を付けている。
また実況から佐竹より後の挑戦と推定できる。
小笠原韓国家庭料理店 店員
キム ユシン
金 兪辰(24)
韓国飛翔柱(見送った)ダイジェスト2−1
小笠原シェフ
ナタリア・ケナリ(21)
スリランカ飛翔柱(飛び移り失敗)ダイジェスト2−2
30関根勤の娘
関根 麻理(21)
日本飛翔柱(飛び移り失敗)
初田
31?
最強の主婦
西村 智恵(35)
日本円柱乗(序盤)
テロップは「31」。この近辺は(いずれも確証はないが)小笠原の実況が多いので、違う可能性がある。
32'06ダブルダッチコンテスト優勝
吉田 友子(22)
日本クリア(残りタイム14.22秒)
初田
36?
タレント
カイヤ
アメリカ三角橋(飛び込んだ)
テロップは「36」。実況は初田なのでやはり違う可能性がある。
38モデル
イム ミジョン
林 美貞(18)
韓国浮遊走(8つ目)途中カット
小笠原かつみ?さゆり
?さゆり(37)
日本浮遊走(7つ目)ダイジェスト3−2
初田タレント
後藤 理沙(23)
日本三角橋ダイジェスト3−3
初田アイドルマジシャン
小泉 エリ(24)
日本三角橋(対岸着地失敗)ダイジェスト3−4
初田消防士
宮崎 奈津子(25)
日本円柱乗(序盤、足場に戻った)ダイジェスト3−5
44灰色の迷彩服リタイア全カットフィフィのリタイア時に客席に見える。
小笠原3大会連続親子で出場(母)
東 裕子(44)
日本円柱乗(序盤)途中カット
小笠原3大会連続親子で出場(娘)
東 玲奈(13)
日本クリア(残り8.04秒)
史上最年少タイ記録
初田
50
女子サッカー元オーストラリアU19
エボニー(23)
オーストラリア円柱乗(序盤)
テロップは「5」
初田
51
サッカー日本代表FW巻の妹
巻 加理奈(24)
日本浮遊走(対岸)
テロップは「6」
小笠原
52
第3回大会3rd STAGE進出
森 洋子(34)
日本飛翔柱(対岸手前で着水)
テロップは「8」
彼女の実況が小笠原なのに対し、51番が初田であるという疑問は残る。
小笠原
53
'88ソウル五輪10000m出場
松野 明美(38)
日本三角橋ダイジェスト3−1
54(学生、クライミング)
チナミ・マイケルズ(14)
アメリカリタイア全カットリストより
55(プロクライマー)
尾川 智子(28)
日本リタイア全カットリストより。
翌第7回大会で「過去に幾度となく出場経験がある」と実況されているので矛盾はしない
56(韓国料理店 店員)
ゴン・ヘジン(25)
韓国リタイア全カットリストより
57(日体大陸上部)
尾崎 幸子(22)
日本リタイア全カットリストより
初田
58
元ラクロス日本代表
塙 妙子(23)
日本飛翔柱(対岸奥で着水)ダイジェスト2−3リストより
59(ウェイクボードインストラクター)
本?満夕(27)
日本リタイア全カットリストより。
名前の一部は読み取ることが出来なかった…。
60(元サンバクイーン)
安奈ルイス(33)
カナダリタイア全カットリストより
61(ミュージシャン)
アイウェイ(28)
中国リタイア全カットリストより
62(キャバ嬢、プロ雀士)
一之瀬 菊(24)
日本リタイア全カットリストより
初田
63
マジシャン
柏原 由興(30)
日本浮遊走(7つ目)途中カットリストより。テロップは「68」
64(大学生)
ワントン・ナナ・チャレーン・ジャッキー(21)
カメルーンリタイア全カットリストより
65(中学生)
川村 毬奈(12)
日本リタイア全カットリストより
初田
66
ガッツ石松の娘
鈴木 佑季
日本斜面走 以降ダイジェスト4−2リストより。放送では円柱乗をクリアしたシーンのみ。
初田
67
会社員
角田 セリナ・カヨコ(37)
ブラジル三角橋以降ダイジェスト1−5リストより。放送では三角橋挑戦中のシーンのみ
初田
68
プロサーファー
北川 成美(41)
日本クリア(残り6.26秒)ダイジェスト5−1リストより。テロップは「77」
史上最年長1stクリア
初田
69
長野誠の姉
内田 妙子(39)
日本浮遊走(8つ目で着水)
リストより。テロップは「67」
小笠原
70
シドニー五輪新体操日本代表
稲田 亜矢子(24)
日本飛翔柱(対岸奥で着水)
テロップは「7」。テロップを信じてもリストを信じても実況タイミングが妙。
初田
71
シドニー五輪体操団体金メダル
ロレダナ・ポポック(22)
ルーマニア飛翔柱(飛び移り失敗)
テロップは「20」
小笠原TBS新人アナウンサー
出水 麻衣(22)
日本斜面走(2つ目)ダイジェスト4−1
サスケマニア
テロップは58
小笠原芸能界No.1セクシークイーン(タレント)
蒼井 そら(22)
日本脱出縄(到達前タイムアップ)ダイジェスト4−3
サスケマニア
本放送では落下棒のシーンのみ。
サスケマニアでは及川の紹介と被るせいか、「タレント」と表記。
小笠原芸能界No.1セクシークイーン
及川 奈央(22)
日本三角橋全カット
サスケマニア
前回出場、不安道でリタイア
小笠原13代目ミニスカポリス
石嶋 佳織(20)
日本脱出縄(中腹でタイムアップ)ダイジェスト4−4
サスケマニア
本放送では落下棒のシーンのみ。
初田女子ポロボクシングフライ級チャンピオン
チェ シニ
崔 臣希(23)
韓国円柱乗(中盤)
テロップは64
初田クノイチ出場権獲得バスツアー1位
杉田 純奈(24)
日本飛翔柱(飛び移り失敗)
テロップは65
初田会社員
佐藤 素子(32)
日本浮遊走
テロップは70
79元自転車競技日本記録保持者
太刀川 麻也(27)
日本クリア(残り4.7秒)ダイジェスト5−2
80元女子サッカーU12東京選抜
松本 美香里(15)
日本クリア(残り2.3秒)ダイジェスト5−3
83プロスノーボーダー&プロウェイクボーダー
田中 真帆(28)
日本クリア(残り2.7秒)ダイジェスト5−4
初田体育家庭教師
前田 瑞帆(20)
日本クリア(残り10.43秒)
テロップは75。2ndの挑戦順を見る限り、田中より後の挑戦だが…。
初田主婦?
大井 孝美(43)
日本斜面走(2つ目)ダイジェストテロップは71。「主婦」という肩書は実況によるもので、テロップとしての表示はなし
当人の物と思われるブログで、「M田」(前田のことか?)の後に挑戦と書かれている
初田山本進悟のガソリンスタンドアルバイト
岡本 さやか(16)
日本クリア(残り4.15秒)
テロップは66。2ndは前田より後の挑戦。
88アルバイト
岩井 智香(25)
日本クリア(残り14.6秒)ダイジェスト5−5
943大会連続冬季五輪出場
勅使河原 郁恵(27)
日本浮遊走(7つ目)
95世界最強の女子格闘家
キーラ・グレイシー(21)
ブラジル不安道(対岸付近)
96パーソナルトレーナー
エリン・ジェシカ・ドルティ(27)
アメリカクリア(残り15.17秒)
最速タイム。日本人以外で唯一の1stクリア
97芸能界女子No.1アスリート
水野 裕子(24)
日本不安道(終盤)
98アテネ五輪テコンドー金メダル
チャン ジウォン
張 智媛(27)
韓国飛翔柱(対岸手前で着水)
99アテネ五輪体操床・平均台・団体金メダル
カタリナ・ポノル(19)
ルーマニア飛翔柱(飛び移り失敗)
「服の素材が滑りやすかったのでは」と番組内で触れられている
100史上初の2大会連続完全制覇
三宅 綾子(30)
日本クリア(残り10.32秒)
三宅以外のクリア者はいずれも初クリア。
不明不明アルゼンチンリタイア全カットオープニングの国名リストより。複数人出ていた可能性もある。
不明不明モンゴルリタイア全カットオープニングの国名リストより。複数人出ていた可能性もある。
不明不明インドネシアリタイア全カットオープニングの国名リストより。複数人出ていた可能性もある。
不明不明フランスリタイア全カットオープニングの国名リストより。複数人出ていた可能性もある。



2ndステージ

@大跳躍
A三連跳(新設。高さが徐々に高くなる3本の回るハードルを越える、タイムロスを誘うエリア。かつて同名のトランポリンを使うエリアがあったが、別のもの。)
B二本橋(新設。平行に2本設置された鉄パイプを渡る。次のエリアへは連続で挑戦)
C網渡り(新設。斜めに設置されたネットの上を進む。KUNOICHI史上初めて名前にひらがなが使われたエリア。)
〜中間タイム発表(一部選手)〜
D舞乱道(新設。吊り下げられた白樺・竹・鉄パイプの揺れる一本橋を渡っていく。白樺・竹の途中にはロープが設置されているが、鉄パイプには設置されていない。)
制限時間:75秒

今大会はタイムトライアル制。クリア者のうち、クリアタイムが上位6位以内の挑戦者のみ3rdステージへ進める。

実況:駒田健吾 


ゼッケン番号プロフィール・選手名国名結果放送形式その他備考
32'06ダブルダッチコンテスト優勝
吉田 友子(22)
日本大跳躍(奥に転落)

史上最年少1stクリア
東 玲奈(13)
日本クリア(タイム1:08.63)
クリアタイム第6位

中間タイムは36.86
68史上最年長1stクリア
北川 成美(41)
日本クリア(タイム1:09.86)
クリアタイム第8位

中間タイムは35.99
大跳躍にて靴が脱げてしまった
79元自転車競技日本記録保持者
太刀川 麻也(27)
日本舞乱道(3本目)途中カット
80元女子サッカーU12東京選抜
松本 美香里(15)
日本クリア(タイム1:09.08)
クリアタイム第7位
途中カット中間タイムは30.51
83プロスノーボーダー&プロウェイクボーダー
田中 真帆(28)
日本クリア(タイム1:08.05)
クリアタイム第5位

中間タイムは33.49
ここで田中の3rd進出決定

体育家庭教師
前田 瑞帆(20)
日本クリア(タイム1:02.00)
クリアタイム第3位

中間タイムは30.62。↑実況が「ここまでで最速」と言っているが、これは実況の間違い。
ここで前田の3rd進出決定

山本進悟のガソリンスタンドアルバイト
岡本 さやか(16)
日本舞乱道(3本目)
中間タイムは26.77。中間最速タイム
ここで東の3rd進出決定
88アルバイト
岩井 智香(25)
日本クリア(タイム56.43)
クリアタイム第1位

中間タイムは29.15。総合最速タイム
ここで岩井の3rd進出決定
96外国勢唯一の進出者
エリン・ジェシカ・ドルティ(27)
アメリカクリア(タイム1:07.48)
クリアタイム第4位

ここでドルティの3rd進出・北川のリタイア決定
100史上初の2大会連続完全制覇
三宅 綾子(30)
日本クリア(タイム1:00.65)
クリアタイム第2位

中間タイムは30.57
ここで三宅の3rd進出・松本のリタイア決定




3rdステージ

@剣山道(新設。高低差のある6本の柱の上に設置された、円盤状の足場を飛び移って進む。柱は左右交互にあり、選手から見て左が高く、右が低い。)
A倒連板(手をつくと失格)
B天秤橋(復活)

制限時間なし
実況:初田啓介

ゼッケン番号プロフィール・選手名国名結果放送形式備考

史上最年少3rd進出
東 玲奈(13)
日本剣山道(1→2本目、跳び過ぎ)
83プロスノーボーダー&プロウェイクボーダー
田中 真帆(28)
日本クリア

体育家庭教師
前田 瑞帆(20)
日本天秤橋(中盤)
放送順では田中より前。相変わらずテロップは75。
88アルバイト
岩井 智香(25)
日本倒連板(18→19枚目、21枚目に手をついた)ダイジェスト
96外国勢唯一の進出者
エリン・ジェシカ・ドルティ(27)
アメリカ剣山道(1→2本目、跳び過ぎ)
100史上初の2大会連続完全制覇
三宅 綾子(30)
日本クリア




finalステージ

@大絶壁(新設。左右交互に設置されたホールドを使って10mの垂直の壁を登る。クライミングというより、SASUKEのブリッククライムに近い)
A天空棒(5m)

制限時間30秒 地上15m
実況:初田啓介
頂上リポーター:駒田健吾

ゼッケン番号プロフィール・選手名国名結果放送形式備考
83プロスノーボーダー&プロウェイクボーダー
田中 真帆(28)
日本天空棒(開始前)
大絶壁から天空棒へ移動しようとした瞬間にタイムアップ。
100史上初の2大会連続完全制覇
三宅 綾子(30)
日本完全制覇(残り0.66秒)
3大会連続での完全制覇




戻る inserted by FC2 system