KUNOICHI第5回
KUNOICHI第5回(2006年謹賀新年) 結果


1stステージ

@舞踊石
A風車渡
B不安道
C円柱乗
D斜面走(斜面が2つになった)
E八艘跳
F気負坂(やや反り返った細い道を登っていく。関所道にSASUKEのそりたつ壁を足したようなもの)
G大滑降
H脱出縄

制限時間:100秒 

実況:初田啓介(1〜40?、71〜100)、駒田健吾(41?〜70)
ナレーション:多比良健

  ゼッケン:赤色。いつもの書体。

                                       
ゼッケン番号/実況
プロフィール・選手名結果放送形式その他備考
エクササイズインストラクター
三國 智子(27)
円柱乗(中盤)
グラビアアイドル
橋本 愛美(21)
舞踊石(序盤)
日本No.1スカッシュプレイヤー
松井 千夏(28)
不安道(終盤)
第21代TWF世界タッグ王者
救世忍者 乱丸
舞踊石(終盤)
元陸上自衛官
福島 和可奈(23)
円柱乗(中盤)
10鉄人主婦・最年長
立野 敏子(55)
舞踊石(中盤)
12タレント
カイヤ
舞踊石(序盤)
15サンバダンサー
川本 裕子(32)
円柱乗(中盤)
番組内では触れられていないが、この時点ではKUNOICHI皆勤賞選手。
16新宿よさこい連
荒井 紫乃(20)
不安道
(ぶら下がった後対岸付近でリタイア)

17めいど in ジャパン
秋山 えりか(21)
舞踊石(終盤)ダイジェスト2−1
18ダンサー
ディクソン・モーリー(18)
舞踊石(中盤)ダイジェスト1−1
初田チアリーダー
内山 彩(21)
不安道(中盤)ダイジェスト1−2
初田'05グラリオンガールグランプリ
佐野 光栄(15)
円柱乗(スタート直後)ダイジェスト1−3
初田芸能界No.1元気娘
深谷 愛(20)
円柱乗(中盤)ダイジェスト1−4
初田
20番台?
ハンドボール'04国体出場
高宮 悠子(25)
円柱乗(中盤)ダイジェスト1−5
初田ラクロス日本代表
塙 妙子(22)
円柱乗(中盤)ダイジェスト1−6
19お笑い芸人
まちゃまちゃ(29)
舞踊石
(中盤、タイムアップと同時に転落)

SASUKE2005冬に出場した際は6段跳びでリタイア。
20白のTシャツ、赤の半ズボンリタイア全カットまちゃまちゃのリタイア後のインタビュー時に確認できる。
初田お笑い芸人
山田 花子(30)
舞踊石(序盤)
テロップは20だが、↑の選手とは服装が違う。
不明白のTシャツ、青の半ズボンリタイア全カット山田花子のリタイア後のインタビュー時に確認できる。
21'88ソウル五輪10000m出場
松野 明美(37)
舞踊石(序盤)
22TBS新人アナウンサー
青木 裕子(23)
舞踊石(中盤)ダイジェスト2−2ゼッケンは2006年のサスケマニアより
23TBS新人アナウンサー
新井 麻希(23)
円柱乗(中盤)ダイジェスト2−3ゼッケンは2006年のサスケマニアより
初田プロビーチバレーボーラー
浅尾 美和(19)
不安道(対岸)途中カット
初田体育教師
上竹 睦(31)
円柱乗(序盤)途中カット
初田琴演奏者
小笠原 千世子(31)
円柱乗(序盤)途中カット
駒田
30?
空手ワールドカップ軽量級 優勝
兼光 のぞみ(23)
斜面走(2つ目)
テロップは30だが実況は駒田。21、31が初田の実況なので考えにくい
しかし兼光のリタイア時に39、40番の選手が並んで映っているので、彼女らより手前の挑戦か。
31ダンサー
羽賀 佳代(26)
脱出縄(登りきる直前タイムアップ)
第3、4回は脱出縄でタイムアップ
初田
30番台?
プロテニスプレイヤー
吉田 友佳(29)
舞踊石(中盤)ダイジェスト4−1
初田
39
ガッツ石松の娘
鈴木 佑季(33)
舞踊石(中盤)ダイジェスト4−2
40シドニー五輪競泳メドレーリレー銀メダル
田中 雅美(26)
不安道(終盤)
51'05女相撲・南北海道大会 優勝
田辺 千乃(35)
舞踊石(中盤)
余談だが、前回大会まで皆勤賞であった佐竹ひろみ(女相撲)は今回欠場している
69親子で出場(母)
東 裕子(44)
舞踊石(終盤)途中カット前回は不安道を驚異の粘りでクリア
70親子で出場(娘)
東 玲奈(中1)
八艘跳(対岸から落水)
前回は舞踊石リタイア。第六エリアは自己最高記録
71'91東京国際女子マラソン 優勝
谷川 真理(43)
円柱乗(序盤)
ここまでクリア者なし
駒田'00・'02 一輪車世界選手権 2連覇
比美野 めいび(21)
不安道(中盤)ダイジェスト3−1
駒田横浜人力車クラブ
霧柳 知亜紀(25)
舞踊石(中盤)ダイジェスト3−2
駒田アクション女優
久米田 彩(27)
舞踊石(序盤)ダイジェスト3−3
駒田最年少・小学6年生
谷 美有(12)
風車渡(滑落)ダイジェスト3−4
駒田モデル
土屋 舞(24)
円柱乗(中盤)ダイジェスト3−5
駒田バトントワラー
中野 月子(30)
円柱乗(中盤→対岸)ダイジェスト3−6
駒田元ビーチフラッグス世界王者
遊佐 雅美(32)
風車渡(滑落)ダイジェスト3−7川本と同じく、この時点ではKUNOICHI皆勤賞選手。
72前回3rdステージ進出・タレント
小宮 理英(28)
クリア(残り11.70秒)
前回は倒連板でリタイア
超余談だが、小宮クリア時の映像で客席にたこ店長がいらっしゃるように見えるが…?
73芸能界No.1セクシークイーン
及川 奈央(24)
不安道(中盤)
初ゴールデン。ということは初挑戦か。
80バレーボール元全日本
河村 めぐみ(22)
身長193cm
円柱乗(終盤)
81シェイプUPガールズ
中島 史恵(37)
不安道(終盤)
初出場
駒田女子高生
今井田 敏美(17)
円柱乗(中盤)ダイジェスト4−3
駒田女子大生
高橋 麻美(22)
不安道(終盤)ダイジェスト4−4
初田タレント
崎山 一葉(21)
不安道(対岸)ダイジェスト4−5
初田南京玉簾女優
摩耶 聖子(26)
円柱乗(終盤)ダイジェスト4−6ダイジェスト放送ではあるが、なぜか途中カットに似た編集をされている。
83日本No.1アクロバットダンサー
今村 ゆり子(38)
クリア(残り7.51秒)
初出場
84サスケ 長野 誠の姉
内田 妙子(38)
八艘跳(落水)
初出場。長野からトランポリンの指導を受けて挑戦した、が。
90女子跳び箱世界記録保持者
ミラベラ・アフヌ(18)
クリア(残り5.35秒)
世界記録(当時)は17段。
91芸能界女子No.1アスリート
水野 裕子(23)
クリア(残り6.13秒)
第2、第3回ファイナル進出。前回舞踊石リタイア
92シドニー五輪 新体操日本代表
稲田 亜矢子(23)
斜面走(1→2つ目でタイムアップ)途中カット
95筋肉ミュージカル 女子リーダー
浅見 清香(29)
クリア(残り10.03)途中カット前回、前々回3rd進出、いずれも倒連板リタイア
駒田プロボクサー
アヤカ(22)
円柱乗(中盤)ダイジェスト5−1
初田スポーツジムインストラクター
大貫 亜矢子(26)
舞踊石(中盤)ダイジェスト5−2
初田親子体操教室指導員
大路 環(36)
円柱乗(中盤)ダイジェスト5−3
初田女子格闘技最強女王
渡邊 久江(25)
円柱乗(終盤)ダイジェスト5−4
96プロクライマー
尾川 智子(27)
八艘跳(落水)ダイジェスト5−5ゼッケンは本人のブログより
97'03世界サンボ選手権 銀メダル
藤井 恵(31)
風車渡(滑落)ダイジェスト5−6西村のインタビュー時、後ろの画面に映っている。
98史上最強の主婦
西村 智恵(34)
斜面走(対岸から転落)
1998年、SASUKE第1ステージクリア
99アテネ五輪 跳馬金メダル
モニカ・ロス(18)
円柱乗(中盤→対岸)
100史上初KUNOICHI完全制覇
三宅 綾子(29)
クリア(残り20.85秒)
最速タイム



2ndステージ

@大跳躍
A超登坂(第3回に2ndにあったエリアが復活。角度45°、長さ5.0m)
B回転筒(直径30cm、長さ5.0m。第3回時点で3.8mだったので、いつの間にか伸びたようだ)
C振子路(新設。4つの互い違いに動くハンマーをよけながら平均台を進む。ハンマー同士の間隔が広く、途中で立ち止まることも出来る)
D浮遊島
制限時間:50秒

実況:駒田健吾


           
ゼッケン番号プロフィール・選手名結果放送形式その他備考
72タレント
小宮 理英(28)
クリア(残り4.44秒)
83日本No.1アクロバットダンサー
今村 ゆり子(38)
クリア(残り9.00秒)
90女子跳び箱世界記録保持者
ミラベラ・アフヌ(18)
回転筒(2/3地点)
91芸能界女子No.1アスリート
水野 裕子(23)
クリア(残り9.71秒)
95筋肉ミュージカル 女子リーダー
浅見 清香(29)
クリア(残り14.51秒)
100史上初KUNOICHI完全制覇
三宅 綾子(29)
クリア(残り19.54秒)
最速タイム




3rdステージ

@無情壁(新設。傾いた壁7mの壁を、手元に5本・足元に1本ある隙間を足場にして進む。30cmの登り段差が2つの後、同じく30cmの下り段差がある)
A倒連板(40枚。手をつくと失格)
B無限道(幅10cm、距離10mの一本橋を、スタートのボタンを押してから15秒以内に渡りゴールボタンを押せばクリア。)

制限時間:無幻道のみ15秒(今大会より前半エリアの制限時間が無くなった。第一期ファイナル(天空道)の縮小版とも言える)

実況:初田啓介


         
ゼッケン番号プロフィール・選手名結果放送形式その他備考
72タレント
小宮 理英(28)
クリア(残り0.60秒)
最速タイム
83日本No.1アクロバットダンサー
今村 ゆり子(38)
倒連板(32→33枚目)
91芸能界女子No.1アスリート
水野 裕子(23)
倒連板(34→35枚目)
36枚目までは触れていた
95筋肉ミュージカル 女子リーダー
浅見 清香(29)
倒連板(28→29枚目)途中カット前回、前々回ともに倒連板の29→30枚目でリタイア
30枚目までは触れていた
100史上初KUNOICHI完全制覇
三宅 綾子(29)
クリア(残り0.38秒)




finalステージ

@梯子跳び(10m。左右交互に設置された梯子を上る。選手がクリアーしたのち、安全のため左右の梯子は離れて行く。)
A棒登り/天空棒(5m。テロップは前者の名前で表記されているが、実況などは後者。)

高さ:15m
制限時間:35秒
実況:初田啓介
頂上レポーター:駒田健吾
ゴールの気温:-2℃

   
ゼッケン番号/実況プロフィール・選手名結果放送形式
72タレント
小宮 理英(28)
天空棒(14m地点でタイムアップ)
100史上初KUNOICHI完全制覇
三宅 綾子(29)
完全制覇(残り7.74秒)
SASUKE・KUNOICHI通じ初めての2連覇。
三宅は1st終了後に祖母の訃報を聞いており、その悲しみを乗り越えての完全制覇だった




戻る inserted by FC2 system